転職活動の面接では相手が何を求めているかを見定め一貫してそれを貫き通すことが必要

転職活動を行う際に、面接で何を答えれば良いのかわからなくなるのは良くあることです。

そこで、面接前には必ず相手が何を求めているかを見定めることです。これができれば、絶対に欲しい人材だと思われるのです。

 

転職活動の面接と恋愛は似ている

恋愛や友人関係と面接は非常に似ています。相手に好かれれば採用となりますし、イマイチだと思われると不採用となるのです。さらに、容姿や学歴は書類選考の段階ですでに通過しています。あとは実際に会ってみて、求める人材であれば採用となるのです。

面接の質問例を見ると、「こんなこと誰も思いつかないよ!」と思うこともあるかもしれません。しかし、それは企業研究が足りないことが原因です。

企業のPR資料や説明会で、どんな人材が欲しいかというヒントはたくさん提示されているはずです。これも恋愛と同様です。相手が欲しいものを聞くことなくプレゼントできた方が好感度が上がりますね?面接会場でも、相手の求めている人材については直接聞くことはできません。しかし、様々なヒントから導き出すことはできるのです。

 

転職活動の面接ではテーマを1つに絞る

そして、どんな人材かは1つに絞り込んだほうが良いでしょう。いくつも準備していると、予想外の質問が来た時に困惑してしまいます。

予想外の質問でも求める人材からぶれることなく答えられることによって、面接官は本当に求めている人材だと思うことができるのです。

転職活動における面接

面接官も行ったことがあるのでわかるのですが、準備していない質問をした時には、相手の反応を見ているとすぐにわかるものです。面接は、これらを注意深く見ているのです。たった15分や30分で人を知ろうと思っても、無理がある話なのです。しかし、その短い時間で入社したい意識を確認することは可能なのです。
圧迫面接を行うところは、圧迫された時にその人がどのような対応を見せるのかを見ているのでしょう。

つまり、営業職で相手から押し気味で話されたりしても動じない人材を求めていると言えますね。

そして、転職ということは前職があります。前職での経験をなるべく企業が求めている内容に変えて伝えるのです。もちろん嘘はいけませんし、別会社にいる人がその企業にすんなりなじんで活躍できるとは誰も思っていないはずです。それでも、求める人材の要素は明確に出さなければなりません。
中途採用を募集していると言うことは、新人は不要なのです。このあたりも考慮し、社会人だから言えることを探ってみるのも良いですね。

 

まとめ

中途採用は新人と違い、研修にそこまで時間を割いてくれません。そこで、少しでも会社に適合した人材を欲しがっています。それであれば、どんな人材が適合していうるのかを見定め、自信を持って面接へ向かいましょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です