転職サイトにある求人を見極めるポイント

私は職業柄、残業や休日出勤が多く、このままではこの職業を続けていけないと転職を志しました。

「次はなるべく残業の少ない会社にしよう」と強く心に決め、求人サイトを眺める日々。

 

転職サイトの求人に注意!

そんなある日、「定時で帰れる」と書かれた記事を見つけました。

思わずクリックしてみると、その企業は東京都内某所の広告代理店で、少人数ながら定時帰りを実現しているとのことで、大変好感が持てました。

今まで残業が多く辛い思いをした経験が大きく、まさに甘い言葉に誘われるように、応募。数日後面接の案内が来ました。

面接では、自己紹介過去の経歴の紹介や志望動機などを述べました。

そして担当者から会社概要などを一通り説明いただいたあと、質疑応答の時間へ。そこで求人票に書かれている「定時帰れる制作職」は本当かと改めて問いました。

回答は「定時で帰る人もいる」という答えでした。役職や仕事内容、繁忙期によって残業をする人もいるが、大抵多くて2時間程度であるということでした。

「全員ではないのだな…」と正直その時に思いましたが、実績として定時で帰れている人がいるという事実が大きく私を勇気づけました。自分もその道を選択すれば良いのだと思いました。

そののち採用通知を頂き入社。入社の約1ヶ月後、大きな案件を任されることになりました。

 

転職サイトを利用するときは「仕事が決まればいい、働ければいい」だけではダメ

 

あとから残業が増えて仕事辞めたくなることも

 

当初は上司のサポートという形で、作業を分担して手伝う形でした。大変ではありましたが、残業もたまの数時間で済み、たまにこういった繁忙期がある位なのだという認識でした。

しかし5ヶ月が経過した頃、段々と定時で帰れない日が続くようになりました。

1時間、2時間、3時間…、ふと気がつくと終電時間を調べるようになっていました。このままでは今までと同じになってしまう、そう思った私は上司に相談しました。

しかし回答は「じゃあこの案件降りるっていうの?できないでしょ」というものでした。確かに途中で降りることは無責任かもしれない…そう思った私は、とりあえず、その場で納得してしまいました。

その案件は非常にハードなものでした。定時どころか終電帰りが続き、家に帰っても食事もせず眠るだけでした。

そしてある日、ほぼ1日中立ち仕事の日がありました。残業続きで当日早起きをしたこともあり、立っていられず、隠れてお手洗いで休んだりしていました。

その時「もう続けられないな…仕事辞めたい」と悟り、いろいろと調べた結果、その2週間後、担当案件を完遂した当日、上司に退職の意向を伝え、退職しました。

 

限界が来たら仕事を辞めよう

 

このように、自分の場合は「定時帰り可能」というコピーを信用した結果、条件が守られず退職しました。皆さんは、できる限り入社前にしっかりと自分の意思を伝えることをお勧めします。

そして可能な限り、企業がどういった工夫をしているのかを確認し、実現可能なメリットを提示しているかを自分の目でしっかりと見極めて下さいね。

 

今回参考にしたサイト:https://tenshokuz.jp/resign/

転職サイトを利用するときは「仕事が決まればいい、働ければいい」だけではダメ

紹介予定派遣として紹介されて、派遣会社の営業担当と二人で面接へ。

資料整理などを中心とした事務職を希望していた私、実業務の説明を面接を受けた時にどうやら営業事務らしいと知りました。営業事務については経験はもちろん、知識のひとつもなかった私でしたが、同じ事務職ならば大丈夫だろうと考えて安易に営業担当に進めて欲しいと伝えてしまいました。

そのままとんとん拍子に話が進み、すぐにでも働きに来て欲しいと先方の会社よりお話が来て意気揚々と通い始めたところに自分の認識と会社側の認識の違いが浮き彫りになります。

 

転職活動の面接では相手が何を求めているかを見定め一貫してそれを貫き通すことが必要

 

自分の希望の職とかけ離れていた

 

私の方は資料整理など外に出たり、対外的な活動は止むに止まれぬとき以外はないものと考えていましたが、外回りの営業からの電話や取引先との電話など対外的なものもそうでないものも含めて圧倒的に、誰かとのコミュニーケーションをとる必要性が求められました。

自分の想像をはるかに超えた状況に四苦八苦している私だったのですが、職場となった会社側はもちろん現状は当たり前の様子であるし、働いている本人(この場合は私のこと)がこの状況を想定した上で労働することを承知しているものと思っているところもあって自業自得とはいえ困り果てることになってしまったのです。

加えて実は隠れていた問題が飛び出してきてしまいます。その会社は社員は決して多くなく、自分の配属された部署は役職についたリーダーポジションの人とその人に次ぐベテランに同じポジションの先輩と私という状況でした。

リーダーとベテラン、二人とも女性の方だったのですが最初こそうまく隠していたのですけど、実は業務に支障をきたすほどに険悪な仲だったのです。事あるごとにリーダーとベテランから同じ案件に違う指示をされたり、どちらを支持するか答えるように要求されたり、業務外でも困ったことが日々増えていきます。そのうち同じポジションの先輩がやめることになり、補充の人材は入れないことになってしまったため先輩の担われていた業務とコミュニケーションとその全てが私に集中することになりました。

 

続けることはできず仕事辞めてくなってきた

しばらくは頑張ってみたのですが、ただでさえ仕事が自分の中で想定を超えていたのみならず他者の人間関係の劣悪さが襲いかかってきて、どうすることもできなくなり会社へと出勤することができなくなってしまったのです。

仕事がもし自分の思ったものにかなり近しいものだったとしても、実際の結果とは違った結果が出ていたのかどうかを考えてみると変わらなかったのではと思ってしまうほどです。

人間関係ばかりは、面接など働くまでの就職活動中には知ることはかないません。決まればいい働けばいいとそう言うことでもすまないこともありますので合わない、難しいと分かったら誰かにまず相談してみるところから始める必要があると思います。

 

今回参考にした記事:https://www.meti.go.jp/statistics/index.html

転職活動の面接では相手が何を求めているかを見定め一貫してそれを貫き通すことが必要

転職活動を行う際に、面接で何を答えれば良いのかわからなくなるのは良くあることです。

そこで、面接前には必ず相手が何を求めているかを見定めることです。これができれば、絶対に欲しい人材だと思われるのです。

 

転職活動の面接と恋愛は似ている

恋愛や友人関係と面接は非常に似ています。相手に好かれれば採用となりますし、イマイチだと思われると不採用となるのです。さらに、容姿や学歴は書類選考の段階ですでに通過しています。あとは実際に会ってみて、求める人材であれば採用となるのです。

面接の質問例を見ると、「こんなこと誰も思いつかないよ!」と思うこともあるかもしれません。しかし、それは企業研究が足りないことが原因です。

企業のPR資料や説明会で、どんな人材が欲しいかというヒントはたくさん提示されているはずです。これも恋愛と同様です。相手が欲しいものを聞くことなくプレゼントできた方が好感度が上がりますね?面接会場でも、相手の求めている人材については直接聞くことはできません。しかし、様々なヒントから導き出すことはできるのです。

 

転職活動の面接ではテーマを1つに絞る

そして、どんな人材かは1つに絞り込んだほうが良いでしょう。いくつも準備していると、予想外の質問が来た時に困惑してしまいます。

予想外の質問でも求める人材からぶれることなく答えられることによって、面接官は本当に求めている人材だと思うことができるのです。

転職活動における面接

面接官も行ったことがあるのでわかるのですが、準備していない質問をした時には、相手の反応を見ているとすぐにわかるものです。面接は、これらを注意深く見ているのです。たった15分や30分で人を知ろうと思っても、無理がある話なのです。しかし、その短い時間で入社したい意識を確認することは可能なのです。
圧迫面接を行うところは、圧迫された時にその人がどのような対応を見せるのかを見ているのでしょう。

つまり、営業職で相手から押し気味で話されたりしても動じない人材を求めていると言えますね。

そして、転職ということは前職があります。前職での経験をなるべく企業が求めている内容に変えて伝えるのです。もちろん嘘はいけませんし、別会社にいる人がその企業にすんなりなじんで活躍できるとは誰も思っていないはずです。それでも、求める人材の要素は明確に出さなければなりません。
中途採用を募集していると言うことは、新人は不要なのです。このあたりも考慮し、社会人だから言えることを探ってみるのも良いですね。

 

まとめ

中途採用は新人と違い、研修にそこまで時間を割いてくれません。そこで、少しでも会社に適合した人材を欲しがっています。それであれば、どんな人材が適合していうるのかを見定め、自信を持って面接へ向かいましょう。