転職で大事なことは、いま自分がやっている仕事の実績である。

転職を成功させるポイント、当然のことですが、採用側から見て魅力的な人材になることです。

 

面接では過去のキャリアをしっかりとアピール

転職をするにあたり採用側の判断材料は「あなたが今まで培ってきた実績」です。
もし、あなたが30歳以上であれば仕事をした年数が長いだけに、より求めるものが大きくなります。

ここで、あなたが就活した頃を思い出してください。

そこでアピールした内容は、あなたの人柄に関しての内容が主で、学生時代に積み上げた実績といえば部活、勉強、委員会等であり、仕事に直結することではないはずです。
学生時代に培ったことが、仕事上ではなんの役に立たなかったという経験を持っている方も多いでしょう。

ですが転職では違います。あなたはすでに会社の利益を上げるために仕事をしており、「会社の利益にどう貢献してくれるのか」というリアルな内容を採用側にアピールする必要があります。なので、転職という場では特に実績というものを重視されます。

 

面接で大事なことは「実績」

まずは今の仕事で誰が見ても好感が持てる実績。できれば数字として現れるものが望ましいですが、それが難しいというのであれば、まずは身近な仕事仲間で困っていることを助けたという成功体験を積み上げてはどうでしょうか?
仕事は人と人が助け合って成り立っているのですから、それでもアピールできるでしょう。

仕事に悩んでいる人に対しアイディアを提案した、そのアイディアを使ったら能率が上がった。

日本語が不自由な外国人労働者のために2ケ国語の仕事マニュアルを作成してあげた。

そのマニュアルで彼は仕事を覚え、新しく入ってきた他の外国人労働者にもそのマニュアルが好評だった。
など見渡せば実績を上げる機会が転がっていると思います。

「それでも今の仕事が辛すぎる。」「いますぐ転職したい。」という意見があるかと思います。
精神論になってしまいますが、転職を始める前段階こそが目的を見失わず、歯をくいしばって頑張る時期です。
あなたは転職をすることで「より良い仕事」を手に入れることが目的であるはずです。

「より良い仕事」の内容が高年収だったり、ゆとりのある労働時間だったり、人によって様々だとは思いますが、その為には採用側から見て魅力のある人材にならないと、転職先の選択肢が広がらなくなって消去法で選ぶことになってしまいます。

企業選び、履歴書、職務経歴書の書き方、面接の対策・・どれも大事だと思いますが、はやる気持ちを抑え、まずは自分の仕事に真摯に向き合うことが大事です。

それが一番の転職対策です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です